まちの話題

ID番号 N925

更新日:2020年11月24日

最近のニュース

2020年11月7日 金婚・ダイヤモンド婚・プラチナ婚を祝う会

結婚して50年・60年・70年の節目を迎えた夫婦を祝う「金婚・ダイヤモンド婚・プラチナ婚を祝う会」が7日、市民会館で開催されました。賀詞と記念品の贈呈の他、1組ごとに記念撮影が行われ、計36組の夫婦をお祝いしました。

2020年11月4日 相野山小学校6年生思い出づくり

相野山小学校の外壁改修工事を活用し、卒業を控えた6年生が型紙と手形を使った作品を制作する卒業記念イベントが4日、行われました。児童たちは、渡り廊下の柱4本にたくさんのハトの模様を作り上げました。

2020年11月14日 農畜産物共進会

<市民スタッフ 大岡奈美子>
朝晩の冷え込みから秋の深まりを感じる14日、農畜産物共進会が開かれました。例年、産業まつりの会場で開かれていたこの共進会も、今年は産業まつりの中止に伴い、あいち尾東農業協同組合中部ライスセンターにて単独開催。そしてその出品された農産物は産業まつりで販売する代わりに市内の福祉施設へ寄付をすることに変更されました。市内の農家が愛情を込めて育てた色とりどりでおいしそうな農産物の姿からも実りの秋を感じることができました。

2020年10月31日 小さな秋イベント

<市民スタッフ 大岡奈美子>
秋晴れがとても気持ちの良いハロウィン当日の10月31日、国登録有形文化財である旧市川家住宅にて、秋を感じながら音楽に触れ、楽しむ「小さな秋イベント」が開かれました。集まった人たちはその音色に聞き入ったり、体験演奏をしたり、貴重なひとときを過ごしました。

2020年10月22日 東小交通少年団による広報啓発活動

東小学校交通少年団の児童3人が校門や通学路上に立ち、パトカーのマイクを使って、交通安全や防犯を呼び掛ける啓発活動を10月22日に行いました。

2020年10月20日 三本木保育園消防訓練

三本木保育園で10月20日、消防訓練が行われ、地震による火災を想定した避難訓練や消防車の見学などを通して、園児たちは防災について学びました。

2020年10月19日 化粧石けんづくり教室

フレグランス入りせっけんを手作りする「化粧石けんづくり教室」が、10月19日にエコドームで開催されました。参加した9人のうち6人がリピーターの人気講座で、例年は各人好みのフレグランスを選びますが、今年は新型コロナウイルス感染症対策のためジャスミンとカモミールを使ったせっけんを全員で作りました。

2020年10月18日 蝶の観察会(ESD講座)

愛知池で10月18日、「蝶(ちょう)の観察会」が行われ、18人の参加者がチョウのアサギマダラや愛知池についての話を聞いたり、観察をしたりして、自然の大切さを学びました。

2020年10月17日 図書館裏側のぞいてみようツアー

通常では見られない図書館の裏側まで見学できる「図書館裏側のぞいてみようツアー」が、10月17日に開催されました。参加した13人の子どもたちは、閉館後の図書館を歩きながら、さまざまな部屋や施設の説明を聞きました。

2020年10月15日 まちなかギャラリー2020

写真や絵画、工芸品など市民が応募した作品を展示する「まちなかギャラリー2020」が、10月15日から25日まで、旧市川家住宅で開催されました。来場者は、それぞれの作品や、建物全体をギャラリーに見立てた趣ある展示風景を楽しみました。

2020年10月13日 おたっしゃハウスでフレイルチェック(一体的な実施に係る事業)

朝晩肌寒くなり秋の気配が感じられるようになった13日、岩崎台・香久山福祉会館でおたっしゃハウスが開催されました。おたっしゃハウスはおおむね65歳以上の人を対象にした事業で、市内の全6館の福祉会館で開催されています。参加者は時折笑い声が響く和やかな雰囲気の中で、日進市運動普及推進員の指導の下、元気に体を動かしました。

2020年10月9日 市内中学生から愛知学院大学へ手紙を贈呈

愛知学院大学の協力の下、8月に「日進市立中学校記念交流試合」が開催され、市内中学校の生徒が感謝の気持ちをつづった手紙を9日、愛知学院大学の引田弘道学長に贈呈しました。

2020年10月5日 学習塾「LeTS赤池校」塾生へ感謝状贈呈

市内の高齢者に対して手作りのマスク154枚を寄付し、手紙を送った学習塾LeTS赤池校の生徒に5日、感謝状を贈呈しました。

2020年10月5日 大塚製薬株式会社との「地域活性化包括連携協定」締結式

緊密な連携と協働による活動を推進し、地域の活性化と市民サービスの向上を図るため、10月5日、大塚製薬株式会社(井上務名古屋支店長)と「地域活性化包括連携協定」を締結しました。

2020年10月4日 「杲流 純米吟醸 夢吟香」発売記念試飲即売会

<市民スタッフ 青山忍>
全国20カ所で開催されている「日本の魅力を再発見。笑顔つながる『NIPPON(にっぽん) FESTIVAL(フェスティバル)』」が、愛知県ではプライムツリー赤池で10月3日・4日に開催されました。ご当地グルメや伝統芸能ステージ、ものづくりが体験できるワークショップなど、小さな子からお年寄りまで楽しめる、魅力的な2日間となりました。

2020年10月1日 株式会社ヤクルト東海および愛知中央ヤクルト販売株式会社との「地域活性化包括連携協定」締結式

健康増進をはじめとしたさまざまな活動を推進し、市の活性化や市民サービスの向上を図るため、1日、株式会社ヤクルト東海(平澤幸彦代表取締役社長)および愛知中央ヤクルト販売株式会社(美多浩二代表取締役社長)と「地域活性化包括連携協定」を締結しました。

2020年9月27日 asobi基地とコラボ おとうさんと遊ぼう!

<市民スタッフ 青山忍>
「大人も子どもも、みんな一人の人間として平等である」という信念の下、親子に遊びと学びの場を提供している団体「asobi(あそび)基地」。関東で発足し、現在は全国九つのエリアに広がりさまざまな活動をしています。その愛知チームが9月27日、にっしん子育て総合支援センターでコラボレーションイベントを開催しました。お父さんとお子さん10組とasobi基地のキャスト親子5組が集い、にぎやかで充実した時間を過ごしました。

2020年9月26日 子ども選書体験会

図書館に市内の小中学生16人が集い、約800冊の中から実際に図書館で購入する本を選ぶ「子ども選書体験会」が9月26日、行われました。今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、会場を変更し、選書の際には消毒後に手袋を着用するなど感染症対策を行った上で開催されました。

2020年9月26日 古民家でお月見飾り

旧市川家住宅で9月26日から10月1日まで、「古民家でお月見飾り」が開催され、ススキなどの秋の植物や、月見団子、イモ、クリなどの供え物が飾られました。

2020年9月24日 岩根自主防災会に防災功労者表彰

令和2年防災功労者防災担当大臣表彰を防災思想の普及団体の部で9月8日に受賞した岩根自主防災会の役員が、24日に市長へ報告に訪れました。

2020年9月16日 特別展「見えない何か~もののけ・幽霊・怪異~」

目に見えないものやよく分からないものを、昔の人々がどう捉えていたのかを紹介する特別展「見えない何か~もののけ・幽霊・怪異~」が、岩崎城歴史記念館で9月27日まで開催されています。

2020年9月14日 国際電業株式会社寄付品贈呈式

本市にアルコール消毒用フットスイッチ30個を寄付した国際電業株式会社営業部名古屋営業所の外山勝美所長に、14日、感謝状を贈呈しました。寄付品は、市内小中学校などで利用される予定です。

2020年9月8日 あいち尾東農業協同組合寄附金贈呈式

あいち尾東農業協同組合から8日、新型コロナウイルス感染症対策に係る寄付金目録が贈呈され、市から感謝状を贈りました。

2020年9月5日 古民家de長月コンサート

<市民スタッフ 青山忍>
9月に入って最初の土曜日となった5日、旧市川家住宅で「古民家de長月コンサート」が開催されました。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、旧市川家住宅では参加型のイベントを1月から中止。感染症予防対策を取った上で約半年ぶりの開催となった同イベントには、小さな子どもからお年寄りまで多くの人が訪れ、立ち見が出るほどの盛況ぶりでした。

2020年9月3日 ライフプランとお金のはなし

<市民スタッフ 大岡奈美子>
コロナ禍の緊張がまだまだ続く9月3日、にっしん子育て総合支援センターのワタシのコレカラを考える企画として、「ライフプランとお金のはなし」の講座が開かれました。気になるけれど、何から手を付けてよいのか分からない家計管理。名前を聞いたことはあるけれど、中身まではよく分からないお金に関わる制度。ファイナンシャルプランナーの分かりやすい説明に参加者たちはメモを取りながら熱心に聞き入っていました。

2020年8月22日 トランプ手品入門(市民企画講座)

<市民スタッフ 三鬼一朗>
家庭にある普通のトランプを使う手品の講座が22日、市民会館で開講しました。特別な技術なしでできる初心者向けの入門講座です。小学生の孫と一緒に申し込んだお年寄りら参加者10人は、明かされるマジックのタネに驚きながら、自分で実際にやってみて、またまた驚くのでした。

2020年8月21日 とびだすプレゼントカードづくり

自分だけの立体カードを作るワークショップ「とびだすプレゼントカードづくり」が21日、図書館で開催され、親子4組10人が参加しました。参加者は色や形に工夫を凝らしながら、時間いっぱいカード作りに取り組みました。

2020年8月12日 にっしん平和のつどい2020

図書館で8月4日から12日まで、「にっしん平和のつどい2020」(日進市市民協働課主催)が開催され、来場者たちは戦争についての展示を通して、平和の大切さについて考えました。

2020年8月7日 避難所開設訓練

8月7日、日進西小学校において感染症対策を踏まえた避難所開設訓練を実施しました。新型コロナウイルス感染症に関する報道が続く中、新たな対策が求められる避難所運営について開設、受付の訓練を行いました。訓練は感染症対策のため、市職員および関係者のみの実施としました。

2020年8月6日 にっしん夏休みわくわくプロジェクト2020 にっしん水生生物調査

6日、米野木町大原橋付近の高架下で天白川の水生生物調査を行いました。川に住んでいる生き物を観察することで水質を確認するもので、毎年行っている調査です。今年は45人の参加者が集まり、3密や熱中症に気を付けながらの開催となりました。

2020年8月5日 にっしん体操マスターになろう!講習会

市のオリジナル体操「にっしん体操」の正しいやり方を覚えてもらおうと、5日、市民会館で「にっしん体操マスターになろう!講習会」が開催されました。子どもから大人まで16人が参加し、のびのびと体操やストレッチに取り組みました。

2020年8月4日 明治安田生命保険相互会社「私の地元応援募金」目録贈呈式

本市に寄付金を贈呈した明治安田生命保険相互会社名古屋南支社の音成基支社長に、4日、感謝状を贈呈しました。寄付金は、新型コロナウイルス感染症対策のために活用されます。

2020年8月3日 日進中学校吹奏楽部から楽器寄付者へのお礼の言葉をまとめたポスターを作成

日進中学校吹奏楽部員が、部員から楽器寄付者へのお礼の言葉をポスターにまとめ、教育委員会に提出しました。日進市では令和元年10月の楽器寄付ふるさと納税受付開始から現在までに、一般寄付を含め46人から49台の楽器を寄付いただいています。

2020年8月3日 もしものために!にっしん防災フェスタ

市社会福祉協議会が中央福祉センターで3日、「もしものために!にっしん防災フェスタ」を開催し、17人の参加者が講話や体験ブースを通して防災についての知識を深めました。

2020年7月30日 日進市安全安心推進大会2020

交通安全、防犯、非行防止や更生のために活動する団体や市民が集う総会「日進市安全安心推進大会2020」が7月30日、市民会館で開催されました。各団体や個人への表彰や、社会を明るくする運動作文の朗読が行われ、今後もより安全で安心な日進市を作っていく意識を高めました。

2020年7月29日 放課後子ども総合プランに寄附された書籍などのお披露目式

7月29日、東小学校内で開設している放課後子ども総合プラン(放課後児童クラブおよび放課後子ども教室)において、匿名で寄付された児童書「科学漫画サバイバルシリーズ全70巻(寄付当時、現在は続刊あり)」(朝日新聞出版から発刊)のお披露目式を行いました。

2020年7月26日 小学生体育教室

<市民スタッフ 青山忍>
7月最後の日曜日となった7月26日、岩崎台・香久山福祉会館で小学生を対象にした体育教室が開催されました。1年生から5年生までの男女8人が参加し、1時間半の間に筋トレやバランス感覚を養う運動などを楽しみながら取り組むことができました。

2020年7月25日 オンライン運動動画撮影会

<市民スタッフ 三鬼一朗>市スポーツセンターで25日、体を動かすことが楽しくなり運動能力も向上する動画の撮影が行われました。日進市スポーツ協会が加盟団体に呼びかけ、モデルとなった小学生がトレーニングの様子を演じました。オンライン運動動画は8月上旬に配信がスタートするということです。

2020年7月22日 市主催事業や学校行事に使用する中型バスを更新しました

7月22日、市主催事業や学校行事に使用する中型バスを更新しました。新しいバスでは乗車定員(シートベルトあり)が従来の31人から44人に増加し、学校行事のクラス利用(1クラス40人)などにおける利便性が向上します。

2020年7月22日 未来予想図を描いてみよう どうする?自分のキャリア

<市民スタッフ 青山忍>
にっしん子育て総合支援センターが「ワタシのコレカラを考える企画」として、年間でさまざまなカリキュラムを用意。そのうちの一つ、「未来予想図を描いてみよう どうする?自分のキャリア」が子育てをしながら働くことを検討している人、職場復帰を迷っている人、自分の仕事について迷っている人などを対象に開催されました。

2020年7月18日 市少年野球チームが志摩市で交流試合

市軟式少年野球連盟に所属する日進少年野球クラブが7月18日、19日に市友好自治体の三重県志摩市を訪問し、地元の少年野球チーム「波切野球スポーツ少年団」と交流試合を行いました。

2020年7月14日 中部大学連携講座「サボテンの世界へようこそ」

サボテンの特徴や活用した産業などを学ぶ中部大学連携講座「サボテンの世界へようこそ」が、7月14日に開講しました。10人の受講者は、サボテンの種類や世界のサボテン産業について学びました。

2020年7月10日 梅森保育園 園児向けトイレ改修工事を学ぶ会と体験ワークショップ

梅森保育園で10日、園内で行うトイレ改修工事の内容とトイレの仕組みを学ぶ体験ワークショップがあり、年少児から年長児までの園児63人が市役所の財務政策課職員や工事現場監督の話を聞き、体験学習をしました。

2020年7月3日 古民家を彩る七夕飾り展示

旧市川家住宅で3日から5日まで、古民家を彩る七夕飾り展示が開催され、短冊に願い事を記して飾り付ける来場者の姿が見られました。

2020年7月1日 講演会「思春期の子どもとの関わり方~脳のしくみを知った上でのアプローチ~」

思春期の子どもたちへの接し方を知り、健全な育成へとつなげていくため、市青少年問題協議会と市家庭教育推進委員会による合同講演会が1日、市民会館で開催されました。思春期の子どもを持つ保護者や教育関係者など、約60人が参加しました。

2020年7月1日 市道黒笹三本木線開通式典

日進市三本木地区とみよし市黒笹地区を結ぶ市道黒笹三本木線が完成し、1日、開通式典が開催されました。

2020年7月1日 文学と映画を通して知るアメリカ(市民企画講座)

にっしん市民企画講座の「文学と映画を通して知るアメリカ」が1日、市民会館視聴覚室で開催され、10人の受講者が文学と映画を読み解き、アメリカ社会について学びました。

2020年6月21日 親子で米作り体験(どろリンピック、素手で田植え)

食育を楽しく学ぶ日進アグリスクール米作り体験コースの第1回として、21日、米野木駅近くの田んぼでどろリンピック(泥んこ遊び)、素手で行う田植え体験を行いました。

2020年6月12日 タマネギ収穫体験(北新田保育園)

子どもたちに農業や食の大切さを知ってもらおうと、北新田保育園の近隣畑で12日、収穫体験を行いました。参加した同園の年長児20人は、市農業委員会の委員らと一緒にたくさんのタマネギを収穫しました。

2020年6月4日 マスクポスト

新型コロナウイルス感染症対策のため、市内の公共施設や郵便局、銀行、店舗などに、不要なマスクを回収して活用する「マスクポスト」が設置されました。

2020年6月1日 北部保育園 感染症予防指導お話会

北部保育園で1日、新型コロナウイルス感染症の予防や手洗いについてのお話会があり、年少児から年長児までの園児125人が園長先生の話を聞き、指導を受けました。

2020年5月19日 北小学校などに自社製布マスクを寄贈

本市北小学校および北小学校青葉分校に自社製布マスク2,682枚を寄贈した株式会社フジタの藤田昭次代表取締役に、5月19日、感謝状を贈呈しました。

2020年5月19日 山口貫太さん自作ミサンガの売上金を寄付

新型コロナウイルス感染症拡大で休校の中、自分にできることをしようとミサンガを自作し売上金を本市に寄付した山口貫太さんに、19日、感謝状を贈呈しました。

2020年4月24日 次亜塩素酸水寄贈感謝状贈呈式

本市に次亜塩素酸水および関連器具を寄贈したMRTスポーツインスティテュート株式会社の村田隼人代表取締役に、24日、感謝状を贈呈しました。

2020年4月2日 市役所周辺の桜が見ごろを迎えています。

4月2日(木曜日)現在はおよそ七分咲き、しばらく晴天が続く予報のためこの週末には桜も満開を迎えるでしょう。
新型コロナウイルス感染症の予防および拡大防止の観点から第33回日進市岩崎城春まつりは中止となっておりますが、予定されていた4月5日(日曜日)頃には市内で桜が満開になります。

以前のニュース