家庭から出る危険物の排出について(スプレー缶・カセットボンベ・使い捨てライター・電池・医療系廃棄物等)

ID番号 N5268

更新日:2019年03月01日

危険物の排出についてご注意ください!

危険物の不適正排出による事故が起こっています。
特に次の品目について、廃棄するときはご注意ください。

ただし、事業活動に伴って排出された場合は、産業廃棄物となります。

スプレー缶・カセットボンベ・使い捨てライター

中身が残っているスプレー缶やカセットボンベ、使い捨てライターが、金属類のごみ袋に入って出され、ごみ収集車輌や処理施設で火災が発生しています。消火が遅ければ作業員の命にかかわる重大事故に繋がります。

家庭で使用したスプレー缶やカセットボンベ、使い捨てライターは必ず中身を使い切り、びん・かん・陶磁器・ガラスの収集日の前日に、透明または半透明の任意の袋に入れて出してください。穴を開ける必要はありません。収集はびん・かん・陶磁器・ガラスの回収のある集積所のみで行っています。また、エコドームでも回収しています。

中身を使い切る際には、火気のない風通しの良い屋外で作業してください。屋内で中身を出すと、近くの火気や静電気で引火することがあり大変危険です。また、ティッシュや新聞紙などに吹き付けるなど、周囲への飛散防止に配慮をお願いします。

なお、中身を使い切れないものについてはエコドームにて回収しています。

電池(使い捨て電池・充電池)

金属類として出された電池等が原因での火災写真

「金属類」として出された電池やモバイルバッテリーが原因で、ごみ収集車輌や処理施設で火災が発生しています。消火が遅ければ作業員の命にかかわる重大事故に繋がる可能性があるため、日進市では以下のように回収しております。事故防止のためご理解、ご協力をお願いいたします。

乾電池(使い捨て電池)はエコドームまたは地域の資源回収拠点にて回収しております。また、充電池(繰り返し使用できる電池)は、エコドームにて回収しております。

在宅医療廃棄物

在宅医療に伴う注射針や針を取り外せない注射器はごみには出せません。必ず係りつけの医療機関等に持込んでください。収集作業員や分別作業員が作業中に誤って刺すなどの事故が発生しています。
なお、在宅医療廃棄物の処理方法については、下記のパンフレットをご覧ください。また、ご入用の際は環境課窓口までお越しください。

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

環境課資源循環係
電話番号:0561-73-2883 ファクス番号:0561-72-4603

ご意見・お問い合わせ専用フォーム