子ども医療費の推移と適正受診のお願い

ID番号 N15305

更新日:2024年06月18日

適正受診のお願い


日進市では、お子さまが病気やけがをしたときに、安心して病院を受診していただけるよう、お子さまの保険診療の自己負担額の助成を実施しています。

また、令和6年4月1日診療分からは、高校生等世代の方についても外来診療に係る医療費の助成が始まりました。

医療費が年々増加している中で、限られた財源を有効に活用できるように、適正受診へのご協力をお願いいたします。
 

子ども医療費の推移

子ども医療費として、皆様に代わって日進市が支出している医療費の推移は次のとおりです。

子ども医療費の推移(グラフ)

子ども医療の推移

子ども医療費の推移と受給者数

子ども医療費の推移と受給者数の表

適正受診のためにできること

病気の予防に努めましょう

3食の食事をきちんと摂る「食習慣」や、運動を定期的に行う「運動習慣」を身につけ、引き続き手洗いやうがいなどを行うことで風邪やインフルエンザ等を予防し、病気になりにくい体づくりに努めましょう。

かかりつけ医をつくりましょう

1つの病気で複数の医療機関を受診するのではなく、まずは、あなたのことをよく知る「かかりつけ医」をつくりましょう。適切な診療を受けることができます。

小児救急電話相談(#8000)を活用しましょう

お子さまの病気などでお困りの場合、看護師や小児科医から対処の方法や、医療機関への受診などについて、夜間にアドバイスが受けられます。

小児救急電話相談ダイヤル
電話番号 #8000(短縮番号 全国統一番号)
052-962-9900(短縮番号が利用できない場合はこちら)
受付時間 午後7時から翌朝午前8時まで

 

ジェネリック医薬品を活用しましょう

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)と同等の有効成分・効能があると厚生労働省から認められている安価なお薬です。
ジェネリック医薬品を希望する場合は、医師や薬剤師にご相談ください。
 

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

保険年金課後期福祉医療係
電話番号:0561-73-1430 ファクス番号:0561-72-4554

ご意見・お問い合わせ専用フォーム