ご自身や身近な人が新型コロナウイルス感染症(疑いを含む)となった人へ

ID番号 N13250

更新日:2022年07月29日

新型コロナウイルス感染症の陽性者や濃厚接触者で、自宅療養または自宅待機が必要となった場合には次の内容をご確認ください。

情報は随時変更されますので、詳細は愛知県のホームページを合わせてご覧ください。

【コロナに関する相談窓口】

ご家庭で注意していただきたいこと

陽性者の療養期間について

医療機関等で新型コロナウイルス陽性と診断された人は、発症日から10日間経過し、かつ、病状軽快後72時間経過した場合、療養終了となります。

保健所等からの連絡について

新型コロナウイルス感染症陽性者に対しての瀬戸保健所からの連絡は、中等症以上の人、軽症のうち65歳以上または基礎疾患等重症化リスクがある人に限定されます。

その他の人は、原則、医療機関からの発生届提出の1から2日後に、愛知県自宅療養者サービス窓口から、陽性者の連絡先にSMS(ショートメッセージ)が届きます。SMSの内容を確認し必要な手続きをお願いします。

濃厚接触者とは

新型コロナウイルス感染症のPCR検査等で陽性となった者(患者)と感染の可能性のある期間(症状が出る2日前から入院、自宅等での療養期間開始までの間)に接触し、次の範囲に該当する人をいいます。

・患者と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった人
・適切な感染防護無しに患者を診察、看護若しくは介護していた人
・患者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い人
・その他:手で触れることの出来る距離(目安として1 メートル)で、必要な感染予防策なしで、患者と15 分以上の接触があった人。

身近な人が感染した場合に自分自身が確認してほしいこと

身近な人が感染し、自分は濃厚接触者かもしれないと思った場合は、ご自身の健康観察や外出の自粛をお願いします。

確認していただきたいことはこちらから

濃厚接触者の待機期間

濃厚接触者の待機期間は新型コロナウイルス感染者と接触があった日の翌日から5日間となります。

ただし、7日間が経過するまでは次のことを心掛けましょう。

・検温等健康状態の確認をする

・ハイリスク者との接触を避ける

・ハイリスク者が多く入所・入院する高齢者・障害児者施設や医療機関への不要不急の訪問を避ける(受診等を目的としたものは除く)

・感染リスクが高い場所の利用や会食等を避ける

・マスクを着用する等感染対策を行う

※ハイリスク者とは、高齢者や基礎疾患を有する等感染した場合に重症化リスクが高い人のこと。

(参考)乳幼児が濃厚接触者となった場合の待機期間について

乳幼児については、抗原定性検査キットを用いることが想定されていないため、待機期間の短縮の対象にはなりません。(感染者と接触があった日の翌日から5日間となります)

自宅療養者世帯への生活支援について

市内に住居があり、自宅療養している感染者及び濃厚接触者の世帯で、親族等から支援を受けることができない方のうちネットスーパー等の利用が困難な人を対象とした生活支援があります。

自宅療養及び待機期間中の熱中症予防について

熱中症は屋外だけでなく、室内で何もしていないときでも発症し、場合によっては死亡することもあります。

特に高齢者の熱中症は半数以上が自宅で発生しています。

部屋の温度調整や水分補給などの熱中症対策に心掛けましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

健康課(保健センター)
電話番号:0561-72-0770 ファクス番号:0561-74-0244

ご意見・お問い合わせ専用フォーム