2021年6月30日 日進市安全安心推進大会2021

ID番号 N12018

更新日:2021年07月07日

安全なまちづくりへの尽力に感謝

交通安全、安全なまちづくり、社会を明るくする運動を推進するため活動している団体や市民が集う「日進市安全安心推進大会2021」が6月30日、市民会館で開かれました。各団体や個人への表彰の他、社会を明るくする運動作文の朗読が行われ、参加者は安全安心なまちづくりへの意識を高めました。
受賞した各団体の代表や個人が表彰状を受け取りました

受賞した各団体の代表や個人が表彰状を受け取りました

受賞した各団体の代表や個人が表彰状を受け取りました

大会では、地域の安全に長年貢献し続けている東山区防犯パトロール隊をはじめ、4団体と8人が受賞しました。近藤市長は「目に見えないところでも、朝早くから活動していただいて大変ありがたい。これからも事故のない、やさしいまちづくりに協力をお願いします」と感謝の言葉を述べました。

参加者に特殊詐欺被害について説明する貝吹さん

参加者に特殊詐欺被害について説明する貝吹さん

愛知警察署長の貝吹彰則さんは、特殊詐欺の件数やその前兆電話が増加していること、その注意喚起について参加者に語りました。特殊詐欺の存在や、家族をかたって電話をかけてくる手口を知っていても、電話口の相手を本物の家族だと信じてしまうことも多いそうです。貝吹さんは「前兆電話はまとまった地域にかかってくることが多いため、パトネットあいちの情報を確認して家族のいる地域と近いと思ったら、レスキューコール(注意を呼び掛ける電話)をしてあげてください」と話しました。

ヒマワリ(更生保護のシンボル)をバックに朗読

ヒマワリ(更生保護のシンボル)をバックに朗読

大会の最後には、保護司の加藤郁子さんによる社会を明るくする運動作文の朗読が行われました。「新型コロナウイルス感染症によって人と直接会って話すことが減ったり、インターネット社会が発展したりという、このようなときだからこそ『こんにちは』『ありがとう』などの何気ない言葉が人の心に残る」と、情感たっぷりに読み上げ、「あいさつは明るい未来への懸け橋になると思います」と締めくくられました。
昨年度に引き続き、大会は新型コロナウイルス感染症対策のため規模を縮小して開催されましたが、地域の安全のために尽力している人たちの活動はずっと続いている、と改めて認識できる大会となりました。(牧)
大会に参加した受賞者

大会に参加した受賞者

この記事に関するお問い合わせ先

情報広報課広報広聴係
電話番号:0561-73-3149  ファクス番号:0561-73-8275

ご意見・お問い合わせ専用フォーム