2021年4月25日 にっしんファミリー・サポート・センター援助会員フォローアップ研修

ID番号 N11942

更新日:2021年06月08日

子育てを安全にサポート

にっしんファミリー・サポート・センター援助会員向けの研修「小児幼児救命講習・子どもの安全」が4月25日、にっしん子育て総合支援センターで開催され、18人の会員が参加しました。
にっしん子育て総合支援センターでの研修

にっしん子育て総合支援センターでの研修

ファミリーサポ―ト事業は、子育ての手伝いをしてもらいたい人(依頼会員)と、手伝いをしたい人(援助会員)が会員になり、市内の子どもの預かりや送迎を地域で助け合う相互援助活動です。
講師の日進消防署員の説明を聞く援助会員

講師の日進消防署員の説明を聞く援助会員

救命講習は、日進消防署の署員を講師に招き、感染予防に努めて開催されました。3時間の講習では、小児や乳児に対する心肺蘇生法、小児用のAEDの使い方、大人との対応の違いなど実技を中心として進められました。子どもの場合は、誤飲による窒息などが事故の原因となることが多いことから、子どもに対する窒息の異物除去の対応についての講習も詳しく実施されました。また、感染予防として、救命活動が屋内の場合は換気をお願いすることや、胸部圧迫の際に顔の上にガーゼを置くことなど、自身の感染予防にも気を配ることの大切さも学びました。
救命講習の実技を行う援助会員

救命講習の実技を行う援助会員

参加した援助会員は「何度も受講することで忘れずにいられて、毎回新しい気付きがある。大切なお子さんをお預かりするので万一に備えることは大切だと思っている」と話しました。
引き続き行われた安全講習では、にっしんファミリー・サポート・センターのアドバイザーによる援助活動の危険予知トレーニングとして、ワークショップを行いました。4人程のグループに分かれ、援助活動をイメージしたイラストを元に危険な場所や行動をピックアップし、どのように予防していくかを話し合い、今後の安全目標を立てました。
各グループで話し合った内容を発表する様子

各グループで話し合った内容を発表する様子

にっしんファミリー・サポート・センターでは、市内の子どもの短時間の預かりや朝夕の保育施設への送迎、出産時のきょうだいの預かりや一時保育への送迎などの援助活動の手伝いをする援助会員を募集しています。特別な資格はなくても同センターの講習と消防署員による救命講習の受講により学びながら援助活動ができます。子育て経験を生かし、地域の子育てのサポ―トをしてみませんか。
【ファミリーサポート事業や援助会員についてのお問い合わせ先】
にっしんファミリー・サポート・センター 電話0561-74-6262

この記事に関するお問い合わせ先

情報広報課広報広聴係
電話番号:0561-73-3149  ファクス番号:0561-73-8275

ご意見・お問い合わせ専用フォーム