2020年9月5日 古民家de長月コンサート

ID番号 N10732

更新日:2020年09月14日

音楽に満たされた古民家でのひととき

<市民スタッフ 青山忍>
9月に入って最初の土曜日となった5日、旧市川家住宅で「古民家de長月コンサート」が開催されました。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、旧市川家住宅では参加型のイベントを1月から中止。感染症予防対策を取った上で約半年ぶりの開催となった同イベントには、小さな子どもからお年寄りまで多くの人が訪れ、立ち見が出るほどの盛況ぶりでした。

優しい演奏と透き通る歌声が古民家に響き渡る

優しい演奏と透き通る歌声が古民家に響き渡る

古民家らしく浴衣で聴きに来ている女性も

古民家らしく浴衣で聴きに来ている女性も

オープニングの楽曲は誰もが知っている「涙(なだ)そうそう」。透き通るように美しく、それでいて力強い歌声、ピアノと打楽器の優しく包み込むような音色が古民家に響き渡ると、観客の皆さんがぐっと引き込まれていくのが分かりました。ボーカルを交代したり楽しいMCを挟んだりしながら、ジブリやディズニー映画の名曲、ボーカルの河合千明さんが東日本大震災の経験をもとに制作した楽曲などアンコールを含めて10曲を披露。1時間の公演はあっという間でした。

イベントの中止が相次ぎ、このように生の音楽に触れる機会も少なくなってしまった中でようやく開催されたコンサート。久々の感覚に静かに聴き入る人、動画を撮影する人など、思い思いに楽しんでいるようでした。

大学の同級生で結成。おそろいのワンピースもすてき

大学の同級生で結成。おそろいのワンピースもすてき

楽しそうに演奏し歌っている姿がとても印象的で、会場全体が温かな空気で満たされた1時間でした。この日のために、大学の同級生で集まり練習を重ねてきたという河合さんたち。友人も多く駆け付け、久々の再会で話に花が咲く場面も。親子で訪れていたピアノを習っているという小学生の女の子は、「こんなに間近でコンサートを体験するのは初めてなので、感動しました。私もあんな風にピアノが弾けるようになるといいな」と目を輝かせながら話してくれました。

今後も感染症対策を取りながら、心躍るようなイベントが再開されていくことを願うばかりです。

この記事に関するお問い合わせ先

情報広報課広報広聴係
電話番号:0561-73-3149  ファクス番号:0561-73-8275

ご意見・お問い合わせ専用フォーム