2020年7月29日 放課後子ども総合プランに寄附された書籍などのお披露目式

ID番号 N10537

更新日:2020年08月14日

寄付者へ感謝の拍手

7月29日、東小学校内で開設している放課後子ども総合プラン(放課後児童クラブおよび放課後子ども教室)において、匿名で寄付された児童書「科学漫画サバイバルシリーズ全70巻(寄付当時、現在は続刊あり)」(朝日新聞出版から発刊)のお披露目式を行いました。

寄付された児童書がお披露目されました

寄付された児童書がお披露目されました

放課後子ども総合プランは、放課後を安全・安心に過ごすため、就労などにより保護者が昼間家庭にいない児童を対象として適切な遊びおよび生活の場を提供する「放課後児童クラブ」と、希望する児童を対象として学習や体験・活動の機会を提供する「放課後子ども教室」で、さまざまな共通のプログラムを一体的に行う取り組みを実施しているものです。

お披露目式では、放課後子ども総合プランの指導員から、「新型コロナウイルス感染症が拡大する中、小学校の臨時休校中も開設していたことを知った寄付者が、少しでも放課後子ども総合プランに通っている子どもたちの役に立ちたいとの気持ちから寄付がありました」と説明がありました。説明の後に、参加していた児童全員で寄付者に対して感謝を込めて拍手をしました。

寄付者へ感謝を込めて拍手をする児童たち

寄付者へ感謝を込めて拍手をする児童たち

お披露目後、さっそく児童らが寄附のあった書籍を手に取って、読み始めていました。参加していた児童クラブに所属する3年生の児童は「初めて読んだが、とても楽しい」と満面の笑みで話していました。また、子ども教室に所属する4年生の児童は、「読んだことはこれまでにもあるけど、何度読んでも楽しく、ここではゆっくり読めそうなのでうれしい」と話し、引き続き書籍に目を移していました。

寄附された書籍を手に取る児童たち

寄附された書籍を手に取る児童たち

「科学漫画サバイバルシリーズ」は、次々と襲い掛かってくるピンチに、子どもたちが勇気と科学の知識で立ち向かっていく冒険物語で、生き物、自然、人体、災害、環境問題、AI、宇宙など科学に関するあらゆるテーマがそろっていることも特長となっています。取材中に数冊目を手にしていた児童は、「読み進む中でハラハラするところが面白い」と話しました。

この記事に関するお問い合わせ先

情報広報課広報広聴係
電話番号:0561-73-3149  ファクス番号:0561-73-8275

ご意見・お問い合わせ専用フォーム