2020年6月12日 タマネギ収穫体験(北新田保育園)

ID番号 N10400

更新日:2020年06月19日

たくさん採れたよ!

子どもたちに農業や食の大切さを知ってもらおうと、北新田保育園の近隣畑で12日、収穫体験を行いました。参加した同園の年長児20人は、市農業委員会の委員らと一緒にたくさんのタマネギを収穫しました。

農業委員が丹精込めて育ててきたタマネギ畑

農業委員が丹精込めて育ててきたタマネギ畑

例年は収穫体験だけでなく、農業委員が市内の保育園を訪問して一緒に給食を食べて、子どもたちとの交流を深めていました。しかし今年度は新型コロナウイルス感染症対策のため、収穫体験のみを行い、参加する子どもは年長児のみとなりました。
当日は、前日の夜に雨が降ったこともあり、所々ぬかるみが残る中で開催されました。長靴姿の園児たちは、足場のぬかるみをものともせず、次々とタマネギを引き抜いていきました。自分の顔ほどの大きさもあるタマネギを収穫した園児は、「すごく大きい!」と目を丸くしていました。

職員扮(ふん)する「タマネギおねえさん」と協力して大物を収穫

職員扮(ふん)する「タマネギおねえさん」と協力して大物を収穫

なかなか引き抜けないときには農業委員の手を借りて、タマネギ収穫は順調に進みました。収穫したらそのまま園児たちが運んで一カ所に集めると、カゴいっぱいに積み上がりました。運んでいる最中、落としたタマネギを拾おうとかがんだ園児の腕の中から別のタマネギが転がり落ち、拾ってはまた落としてを繰り返すほほ笑ましい様子も見られました。

ひげの部分を切り落とします

ひげの部分を切り落とします

たくさん収穫できました

たくさん収穫できました

この日収穫したタマネギは、園児たちがそれぞれ自宅へと持ち帰ります。自分たちの手で収穫したタマネギを両手に抱えて、子どもたちは満足そうな表情で園への帰路につきました。参加した農業委員の市川豊さんは、「子どもたちの笑顔が一番の楽しみ。せっかく育てた作物なので、収穫から楽しんでもらえて良かった」と話しました。(牧)

この記事に関するお問い合わせ先

情報広報課広報広聴係
電話番号:0561-73-3149  ファクス番号:0561-73-8275

ご意見・お問い合わせ専用フォーム