エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム暮らしの情報住まい・環境税金 › 固定資産税に関する届出


ここから本文です。

固定資産税に関する届出


ID番号 N1857  更新日 平成29年12月12日

納税義務者の住所を異動したとき

日進市外にお住まいの方で、引越し等のために住所を異動された方(日進市外から日進市外への転出・転居)は、「住所氏名変更届」を提出してください。

納税管理人や代納人などを設定したいとき

固定資産の所有者が、自ら納税できない等、納税通知書等を所有者の住所以外に送付を希望する場合、「納税管理人申告書」を提出してください。

相続が発生したとき

固定資産の所有者が死亡し相続が発生したときは、「相続人代表者指定届」により、相続手続が完了するまでの暫定納税者(相続人代表)を届け出てください。また、未登記家屋の所有者の相続手続が完了した場合、「家屋補充課税台帳登録人申告書」により、所有者を申告してください。

なお、相続登記については、法務局での手続が必要です。

代表者を変更したいとき

共有名義で所有している固定資産は、代表者の方に納税通知書等を送付します。共有者全員の同意の上、「納税管理人申告書」を提出してください。

土地の地目を変更したとき

宅地造成や農地転用、またはその他の理由により、土地の利用状況を変えた場合は評価を見直しますので、ご連絡ください。

未登記家屋を新増築または取り壊したとき

毎年1月1日時点に存在する家屋に対して固定資産税が課税されます。家屋を新築または増築されて、登記手続が12月までに間に合わない場合や、登記される予定がない場合は、税務課までご連絡ください。また、未登記家屋の全部または一部を取り壊した場合は、「滅失申告書」を提出してください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでないかたは、アドビシステムズ社ホームページからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

税務課資産税土地係
電話番号:0561-73-4097 ファクス番号:0561-73-8024
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン