エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム暮らしの情報住まい・環境戸籍・住民登録 › 証明書交付での事前登録制による本人通知制度について


ここから本文です。

証明書交付での事前登録制による本人通知制度について


ID番号 N15448  更新日 平成26年12月26日

制度の概要

 本人通知制度とは、住民票の写し等が不正に取得され、個人の権利が侵害されることの防止・抑止をする為の制度です。事前に登録をした方の証明書を代理人や第三者へ交付した場合にその事実を通知します。

登録できる方

 ・日進市の住民基本台帳に記録されている方又は記録されていた方
 ・日進市の戸籍簿・除籍簿に記録・記載されている方

対象となる証明書

 ・住民票(除票)の写し ※本籍(国籍・地域)が記載されたもの
 ・戸籍謄抄本(除籍・改製原戸籍を含む)
 ・戸籍の附票(除籍の附票を含む)
 ・戸籍記載事項証明書(除籍を含む)

持ち物

 ・本人確認書類
  1点のみ:運転免許証、パスポート、顔写真付き住基カードなど
  2点必要:健康保険証、年金手帳、社員証、学生証、病院の診察券など
 ・委任状(代理人申請の場合のみ)
 ・代理人の本人確認書類(代理人申請の場合のみ)

申込み

 平日(12月29日から1月3日を除く) 午前8時30分から午後5時 市民課窓口で受け付けます。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

市民課市民係
電話番号:0561-73-1289 ファクス番号:0561-72-4554
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン