エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム暮らしの情報住まい・環境ごみ・リサイクル › 危険物の排出について(スプレー缶・医療系廃棄物等)


ここから本文です。

危険物の排出について(スプレー缶・医療系廃棄物等)


ID番号 N12347  更新日 平成29年11月6日

危険物の排出についてご注意ください!

危険物の不適正排出による事故が起こっています。
特に次の品目について、廃棄するときはご注意ください。

スプレー缶、カセットボンベ

穴を開けていないものが、燃えないごみ袋で出され、ごみ収集車輌や処理施設で火災が発生しています。
消火が遅ければ作業員の命にかかわる重大事故に繋がります。

スプレー缶やカセットボンベは必ず中身を使い切り、びん・かんの収集日前日に透明または半透明の任意の袋に入れて、穴を開けずに出してください。収集はびん・かんの回収のある集積所のみで行っています。
なお、中身を使い切れないものについてはエコドームでも回収しています。

在宅医療廃棄物

在宅医療に伴う注射針や針を取り外せない注射器はごみには出せません。必ず係りつけの医療機関等に持込んでください。収集作業員や分別作業員が作業中に誤って刺すなどの事故が発生しています。
なお、在宅医療廃棄物の処理方法については、下記のパンフレットをご覧ください。また、ご入用の際は環境課窓口までお越しください。

関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでないかたは、アドビシステムズ社ホームページからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

環境課ごみ減量推進係
電話番号:0561-73-2883 ファクス番号:0561-72-4603
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン