エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム暮らしの情報住まい・環境ペット・動物・植物 › 鳥インフルエンザについて


ここから本文です。

鳥インフルエンザについて


ID番号 N540  更新日 平成28年12月22日

鳥インフルエンザとは、インフルエンザウイルスが引き起こす鳥の病気です。インフルエンザウイルスに感染した鳥は神経症状や消化器症状などの諸症状を引き起こします。そのウイルスに感染した野鳥や家きん等に接触、または、ウイルスに汚染された水や排せつ物を媒介に家畜や愛玩鳥に感染が広がります。

人への影響について

一般的に鳥インフルエンザウイルスが人に感染することは極めてまれです。ウイルスは感染した鳥の体液や排泄物に大量に含まれているため、病気や死亡した鳥に直接触れたり、解体や調理、羽をむしるなど濃厚に接触(ウイルスへの大量暴露)した場合には、まれに感染することがあります。したがって、そのような接触をしない限り、鳥インフルエンザに感染する心配はありません。また、高病原性鳥インフルエンザが発生した農場の近くに住んでいたり、近くを通ったりすることで感染することはありません。
 
お問い合わせ先
日進市健康課保健企画係 電話:0561-72-0770 

野鳥の死がいを発見したら

・鳥は生き物ですから、人と同じようにいつかは死んでしまいます。そして、その原因も様々ですので、直ちに鳥インフルエンザを疑う必要はありません。
・野鳥の場合、エサが取れずに衰弱したり、環境の変化に耐えられずに死んでしまうこともあります。また、野鳥は鳥インフルエンザウイルスだけでなく、様々なウイルスや細菌、寄生虫を持っていたりします。
・死亡した野鳥など野生動物は、素手で触らないでください。また、同じ場所でたくさんの野鳥などが死亡していた場合は、愛知県尾張県民事務所環境保全課(電話:052-961-7211)までご連絡ください。
 
お問い合わせ先
日進市環境課環境保全係 電話:0561-73-2843 

家きん(鶏など家畜として飼育される鳥)における鳥インフルエンザについて

予防対策として、以下の点の点検・確認をお願いします。
・野鳥などの野生動物の家きん舎への侵入を防止することができる防鳥ネットの設置とその破損
・家きん舎の壁面の破損や、家きん舎の屋根と壁の隙間など、小型の野生動物が家きん舎の外部から侵入しうる経路がないか、家きん舎の内部及び外部から点検し、必要に応じて修繕を行ってください。
・家きん舎に入る場合には、ウイルスを持ち込まないよう、衣服や靴の交換や十分な消毒を行ってください。
・飼養家きんの毎日の健康観察を行ってください。死亡家きんが増えたなどといった異状を見つけた場合には、西部家畜保健衛生所尾張支所(電話:0568-81-1874)に連絡してください。
 
お問い合わせ先
日進市産業振興課農政振興係 電話:0561-73-2197 

このページに関するお問い合わせ

産業振興課農政振興係
電話番号:0561-73-2197  ファクス番号:0561-73-1871
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン