エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム市の政策・計画広報・広聴まちの話題 › 元気の贈り物


ここから本文です。

元気の贈り物


ID番号 N23757  更新日 平成30年12月6日

2018年11月26日 コミサロ交流会(新ラ田保育園と岩崎台・香久山福祉会館)

 岩崎台・香久山福祉会館の「コミュニティサロン」に参加する高齢者と、新ラ田保育園の園児たちの交流会が26日、同館で行われました。サロンの参加者と園児たちは、体操、歌、手遊びなどを一緒に行い、にぎやかに交流を深めました。

写真
(左)一緒ににっしん体操(右)じゃんけん勝負で大盛り上がり=岩崎台・香久山福祉会館で

 「コミュニティサロン」は高齢者の社会参加を支援する事業で、参加者たちは週に1回体操やおしゃべりを楽しんでいます。この日サロンに参加した20人の高齢者たちは、訪れた新ラ田保育園の年長児41人を笑顔で出迎えました。

 交流会の初めに一緒に行ったにっしん体操は、高齢者はいす版、園児たちはジャンプの多い子ども版で、高齢者たちは飛び跳ねながら体操する子どもたちに驚いた様子でした。体が温まった後は、園児たちからの歌のプレゼントや、手遊びで一緒に楽しみました。手遊びはペアになって行い、最初はゆっくり、徐々に早くとリズムを変えていき、手遊びの最後にあるじゃんけん勝負では園児も高齢者も大きく盛り上がりました。飛び上がって「勝ったよ」と喜ぶ園児の歓声や、それを見て笑い声を上げる高齢者たちの楽しげな声が部屋いっぱいに広がっていました。

写真

(左)手作りのプレゼントを交換し合いました(右)お別れもハイタッチで元気に

 楽しい時間はあっという間に過ぎ、最後はお互いにプレゼント交換をしました。園児たちからは折り紙で作った首飾りが、高齢者たちからは帰ってから遊べるようにと折り紙のこまが贈られました。園児たちは、帰る前にこの日半日仲良く遊んだ高齢者の皆さん全員と一人一人ハイタッチでお別れのあいさつをし、最後までにぎやかな交流会となりました。参加した高齢者たちは「元気でかわいかったね」と話し、子どもたちから元気な力をもらったようでした。(牧)

まちの話題トップに戻る

このページに関するお問い合わせ

秘書広報課広報広聴係
電話番号:0561-73-3149 ファクス番号:0561-72-8861
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン