エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム市の政策・計画広報・広聴まちの話題 › 若さはちきれんばかりのエネルギッシュなステージ


ここから本文です。

若さはちきれんばかりのエネルギッシュなステージ


ID番号 N23444  更新日 平成30年8月9日

2018年8月5日 にっしんヤングフェスタ2018

  若者が舞台上でバレエや踊りを披露する「にっしんヤングフェスタ2018」が5日、市民会館大ホールで開催されました。市内の子どもや大学生を中心とする14団体が、15の演目が繰り広げ、観客から声援が飛んだり、手拍子が沸き起こったり、観に来た人たちを巻き込んで大いに盛り上がりました。

写真
(左)レインボーカラー衣装を着てのチアダンス(日進チアダンススクール)(右)エネルギッシュなパフォーマンス(TD Y’s DANCE Box)=市民会館で

 ヤングフェスタの前身は「にっしん子どもフェスティバル」ですが、その後大学生も参加する地域の芸術文化の祭典として「ヤングフェスタ」に変わり今年は14年目、通算で26回目の公演です。実行委員長の小山みどりさんはあいさつで「はじめは行政が主で始まったが、実行委員会に代わり実行委員たちが自主的に行っている。このように続くものは近隣市町でもまれなこと」と観客、出演者、関係者に感謝し、14の参加団体が4部構成の舞台で、順番に若さいっぱいの演技を披露していきました。

写真

(左)朱美鳥の和太鼓は息もぴったり(和太鼓龍桜流)(右)「海」をテーマにしたバレエ(エレナロシアバレエ)

 ステージでは、優雅に舞うクラシックバレエや元気あふれるチアダンス、和太鼓、南国感ただようフラダンスなど15の演目が、舞台いっぱいに繰り広げられ、発表が終わると観客から大きな拍手がおくられていました。各グループがはちきれんばかりの若さのエネルギーで、積み重ねてきた練習の成果を披露し、多彩なステージで観客を魅了していました。(越)

写真

「虹結」をテーマに躍動感あふれる力強い演技(よさこいチーム凰)

まちの話題トップに戻る

このページに関するお問い合わせ

秘書広報課広報広聴係
電話番号:0561-73-3149 ファクス番号:0561-72-8861
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン