エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム市の政策・計画広報・広聴まちの話題 › 親子で模擬裁判を体験


ここから本文です。

親子で模擬裁判を体験


ID番号 N22244  更新日 平成29年8月10日

2017年8月5日 にっしんおやこでロースクール2017

 大学連携講座「にっしんおやこでロースクール2017」が5日、愛知学院大学で開催され、親子ら18人が模擬裁判を体験しました。

写真
グループに分かれて話し合い=愛知学院大学で

 このイベントは、模擬裁判を通じて社会のルールや法的なものの考え方であるリーガルマインドを学ぶことを目的にしており、愛知学院大学で開催されました。裁判の題材にはNHKの中高生向けドラマ「昔話法廷」が使用されました。昔話を現代の法律に照らし合わせて裁判を展開し、判決を視聴者に委ねるもので、今回は「白雪姫」をテーマにしたものでした。

写真

模擬法廷で判決を発表する小学生

  参加者はドラマを見た後、大人と子どもの5グループに分かれて、登場人物の証言を基に「白雪姫に毒リンゴを食べさせた王妃は、有罪か無罪か」について意見を出し合いました。考えが行き詰まらないよう、同大法務支援センターの教授や弁護士がサポートに入り、参加者は頭を悩ませながら判決を導き出し、模擬法廷で発表しました。参加した小学生の保護者は「法律や裁判などの難しい内容をわかりやすく学ぶことができました。自然観察系の講座とはまた違った楽しさがありますね」と話しました。(谷)

まちの話題トップに戻る

このページに関するお問い合わせ

秘書広報課広報広聴係
電話番号:0561-73-3149 ファクス番号:0561-72-8861
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン