ホーム > 市長の部屋 > 市長の動き > 平成23年12月 > 山口国体・ボート競技で優勝したトヨタ紡織、デンソー各ボート部の選手の皆さんが来訪 ここから本文です
このページはUDに対応しています

山口国体・ボート競技で優勝したトヨタ紡織、デンソー各ボート部の選手の皆さんが来訪/市長公室

平成23年12月27日 午後1時30分

 10月2日から5日まで、山口県下関市の豊田湖ボートコースで繰り広げられた「第66回国民体育大会」(山口国体)のボート競技で優勝したトヨタ紡織、デンソー各ボート部の選手たちが27日、市役所を訪れ喜びを語りました。

 選手はいずれも日進市在住で、トヨタ紡織の小畑篤史さん(38)=兼監督、西川勝也さん(27)、デンソーの末廣あすみさん(24)、林真奈美さん(26)、小西志歩さん(24)、中山友紀さん(23)、杉原参智さん(22)、北山紗衣さん(19)のほか、監督の三本和明さん。

 大会は距離1千メートルのコースで開催。トヨタ紡織は成年男子かじ付きフォアで優勝、デンソーは成年女子かじ付き4人スカルで見事2連覇を成し遂げました。

 レースについて「自分を前に進ませる気持ちで戦った」(トヨタ紡織・小畑さん)、「プレッシャーに負けることなく力を出し切れて良かった」(デンソー・三本さん)と、それぞれ振り返りました。

 チームの練習拠点は愛知池。まさに、地元愛知、日進の代表としてすばらしい結果をもたらしてくれました。

 皆さんの毎日の努力と、勝ちへの執念が結んだすばらしい快挙です。これからも日本一、そして世界を舞台に漕ぎ進んでいだだくことをご期待申し上げます。

 平成23年12月27日  日進市長 萩野 幸三

平成23年度の公務

これまでの公務