エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム暮らしの情報教育・文化生涯学習いきいきシルバースクール › 平成29年度 赤池いきいきシルバースクール


ここから本文です。

平成29年度 赤池いきいきシルバースクール


ID番号 N21957  更新日 平成29年10月13日

 平成29年5月から平成30年2月まで赤池小学校にて、「赤池いきいきシルバースクール ひだまり学級」を開校中です。様々な分野の講師をお招きして、国語・社会・音楽・体育など幅広く授業を行っています。また、授業を通じて、同世代の方々と親交を深めていただく貴重な場にもなっています。

10月11日~家庭(お菓子づくり)~

おはぎ作り

 国登録有形文化財の旧市川家住宅でおはぎ作りをしました。まず、炊き上がったご飯にサトイモや栗、食塩入りの熱湯を混ぜ、布で揉みました。餡は、食感が楽しめるように、こし餡と粒餡を混ぜて工夫を凝らしました。どのグループもきっちり役割を分担して作業を行ったため、予定よりも早くおはぎが完成!

 出来上がったあとは、先生が作った甘酒ゼリーとマスカットを添えて、住宅内の座敷でいただきました。

9月27日~図工(鑑賞)~

図工

 名画が描かれたアートカードを使って、様々な方法で絵画の鑑賞を行いました。まず初めに鑑賞に慣れるため、3つのお題(例:色・風景や人物・明るいまたは暗い等)に当てはまるイラストを選ぶゲームをしました。その後、それを応用して、絵画を選ぶ条件などは一切付けず、受講生の好みで4つの作品を選ぶマイ美術展や4枚の絵画を繋ぎ合せて物語を作るゲームを行い、絵に載っている人物・景色・色合いから、どのような印象を受けるかは、人によって異なることを学びました。最後に、自分が最も印象に残ったイラストカードを書写し、誰に送りたいかをメッセージとして残し、それぞれ自宅へ持ち帰りました。

9月13日~国際理解~

国際理解

 夏休み明けの講座は、国際理解からスタート!JICAから講師を招き、モロッコで活動した際の貴重な体験談を聞きました。主に食文化に関する内容が多く、現地の人達の日本食に対する反応や“クスクス”、“いわしのタジン”など現地の食べ物について教えてもらいました。また、モロッコは、日本と比較して文化や気候が大きく異なるため、参加者はとても熱心に質問を繰り返していました。講座の後半では、モロッコ人に親しまれているミントティーをいただきました。

6月28日~国語~

朗読劇風景

 3グループに分かれ、「ひつじ飼いとおおかみ」・「吉四六(きっちょむ)話」・「おばすて山」の朗読劇を行いました。まず先生の説明を聞き、40分程度の練習をした後、いよいよ発表へ。参加者は、それぞれの役になりきり朗読するのはもちろんのこと、感情の細かな変化を声の大小や強弱で巧みに表現していました。また場面によって、全員で読むところと少人数で読むところ、個人で読むところを分けたり、場面に登場しない人は、横を向くなどの工夫も凝らしていました。

6月14日~体育~

体育

 「はじめよう!簡単ヨガで生き生き習慣」と題し、体育の授業を行いました。まず、寿命と健康のつながりや脳のはたらきについて学んだ後、自身の健康状態について知るために体脂肪率・骨格脂肪率を測り、BMIも算出しました。その後、座ったまま家でも簡単に取り組めるヨガを実践しました。

5月31日~社会(歴史)・学級活動(自己紹介)~

歴史

 平成29年度に赤池小学校で行われる最初の授業は、日進の歴史に関する授業でした。人口の推移や地名・物流の変遷について学びました。著名な歴史人物と日進のつながり等についても触れ、いつもとは異なる角度から自分たちの住んでいる街について学ぶことができました。

平成29年5月24日開催 ~入学式・校長の講話~

SS入学式

 いよいよ平成29年度のシルバースクールが始まります。今年度から開催校が1つ増え、赤池・竹の山・梨の木の合計3校で行われるため、多くの参加者が市民会館に集まりました。また入学式の後は、シルバースクールの校長である日進市長によって講話が行われ、自身の生活観を交えながら、高齢者としての理想の過ごし方やシルバースクールへの臨み方について話しました。

このページに関するお問い合わせ

生涯学習課生涯学習係
電話番号:0561-73-4191 ファクス番号:0561-74-0258
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン