エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム暮らしの情報福祉・健康・医療子育て・家庭 › 母子家庭等自立支援教育訓練給付金


ここから本文です。

母子家庭等自立支援教育訓練給付金


ID番号 N1080  更新日 平成27年12月28日

自立支援教育訓練給付金

日進市内にお住まいのひとり親家庭の母または父が、就職に役立つ技能や資格の取得のための市指定の各種講座を受講した場合などに、講座受講後に自立支援教育訓練給付金を支給します。ただし、所得制限度額を超えている方は受給できません。

事前に必ず母子・父子自立支援員へ相談してください。

対象講座

雇用保険制度の教育訓練給付指定講座等
(雇用保険の被保険者期間が3年以上ある人は原則として対象外)

支給額

(雇用保険制度の教育訓練給付金の支給を受けることができない方)

対象講座の受講料の6割相当額(上限20万、下限1万2千円)

(雇用保険制度の教育訓練給付金の支給を受けることができる方)

対象講座の受講料の相当額(上限20万)から教育訓練給付金の額を除いた額

※受給は原則として1人につき1回ですので、ご注意ください。

※6割相当額が1万2,000円を超えない場合は支給されません。

高等職業訓練修了支援給付金

日進市内にお住まいのひとり親家庭の母または父が、経済的自立を目的とし指定された資格取得を目指し1年以上の養成機関で学ぶ場合、経済的負担の軽減を図るため、高等職業訓練促進費を給付しています。また、高等職業訓練促進費を受給しながら、1年以上の養成機関を修了された場合、高等職業訓練修了支援給付金を支給しています。

事前に必ず母子・父子自立支援員へ相談してください。

対象資格

看護師、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士等

支給額

就学開始時期及び前年の所得等によって決定されますので、お問い合わせください。

就労促進給付金

日進市内にお住まいのひとり親家庭の母または父が、自立支援事業を活用の上就職した場合、継続的な就労と自立を応援するために就労促進費を支給しています。

事前に必ず母子・父子自立相談支援員へ相談してください。

支給額

20,000円

※支給は原則として1人につき1回ですので、ご注意ください。

このページに関するお問い合わせ

子育て支援課家庭相談係
電話番号:0561-73-4183 ファクス番号:0561-72-4603
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン