エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム暮らしの情報福祉・健康・医療保健・医療 › 食生活改善推進員


ここから本文です。

食生活改善推進員


ID番号 N23447  更新日 平成30年8月14日

食生活改善推進員とは

食生活改善推進員とは「私達の健康は私達の手で」をスローガンに、調理実習や食に関する知識を地域に伝えることで、食の大切さの啓発など食生活改善に取り組むボランティアです。全国に約15万人の会員がいますが、日進市でも食生活改善推進員として活動する人たちがいます。

食生活改善推進員の活動の例

食育たんけん隊

小学生を対象とした食育講座です。調理実習を交え食べ物のお話をします。平成29年度は「子どもでもできる!らくらく焼きたてパンを作ろう!」「牛乳パックでひなまつりライスを作ろう!」をテーマに開催しました。  

 夏休み親子料理研究隊

小学生親子を対象とした食育講座です。調理実習を交え食べ物のお話をします。平成29年度は「手打ちうどんに挑戦!ジャージャー麺を作ろう」をテーマに開催しました。

保育園出前講座

市内保育園を訪問して行う年長児を対象とした講座です。「野菜」に関する寸劇を上演した後、野菜を使った手作りおやつを子ども達と一緒に作ります。

成人料理教室

健康な食事を調理実習を通じて体験する講座です。平成29年度は「ローリングストックでおいしくヘルシー!」「おうちで簡単パーティーメニュー」をテーマに教室を開催しました。

食生活改善推進員になるには

自治体で開催される「食生活改善推進員養成講座」を20時間以上受講し、食や健康についての正しい知識を習得します。この講座修了後に、「市町村食生活改善推進員協議会」に入会して会員となり活動が始まります。

食生活改善推進員養成講座

隔年で開催しています。次回開催は平成30年10月です。詳しくは保健センターへお問い合わせください。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

健康課(保健センター)
電話番号:0561-72-0770 ファクス番号:0561-74-0244
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン