エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム暮らしの情報福祉・健康・医療保健・医療 › 小学生の個別予防接種


ここから本文です。

小学生の個別予防接種


ID番号 N1322  更新日 平成30年4月1日

公費で接種できるもの

1.日本脳炎2期  9歳から13歳未満

  • 日本脳炎2期の予防接種予診票兼接種券は9歳の誕生月の翌月に個別通知します。
  • 平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの人で日本脳炎1期の未接種分のある人は9歳から13歳未満の間に不足分を公費で接種することができます。接種方法については、日本脳炎ワクチンのお知らせのページをご覧ください。

2.DT二種混合(ジフテリア・破傷風)2期 11歳から13歳未満

  •  DT二種混合(ジフテリア・破傷風)2期の予防接種予診票兼接種券は小学6年生の4月末頃に個別通知します。

3.予防接種の方法等

  • 個別予防接種は接種当日、日進市に住民票を有する人が市指定医療機関で実施できます。
  • 市指定医療機関に予約をし、接種当日は母子健康手帳、予診票兼接種券、健康保険証、日進市子ども医療費受給者証を持ってお出かけください。
  • 転入してきた人等で予防接種予診票兼接種券をお持ちでない人は保護者が母子健康手帳をお持ちのうえ保健センターへお越しください。
  • 予防接種を受けるときは、原則、保護者の同伴を必要とします。しかし、保護者がやむを得ない理由により同伴できない場合は、接種を受けるお子さんの健康状態を普段からよく知っており、予診票の内容をよく理解している親族(祖父母等)などが同伴して予防接種を受けることができます。その場合は、定期予防接種委任状が必要になります。詳しくは下記の「予防接種時の保護者の同伴について」をご覧ください。

 

関連情報

このページに関するお問い合わせ

健康課(保健センター)
電話番号:0561-72-0770 ファクス番号:0561-74-0244
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン