エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム暮らしの情報福祉・健康・医療保健・医療 › 麻しん(はしか)について


ここから本文です。

麻しん(はしか)について


ID番号 N23175  更新日 平成30年7月20日

麻しんについて

麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症で、空気感染、飛沫感染、接触感染によりヒトからヒトに感染します。

感染すると、約10日から12日の潜伏期間の後、38度前後の発熱が2日から4日間続き、咳や鼻水といった風邪のような症状が出ます。その後、少し体温が下がり、再び高熱(多くは39度以上)が出るとともに、発疹が出現します。発疹出現後3日から4日間で解熱し症状は軽快、合併症のない限り7日から10日後には症状が回復します。

麻しんの予防について

予防するためには、2回のワクチン接種が有効です。接種歴を確認し、接種していない場合や1回のみの接種の人、接種歴や麻しん罹患歴が不明な場合は、予防接種を検討しましょう。

  • 以下の人は予防接種法に基づく定期予防接種対象者です。早めに予防接種を受けましょう。(無料)

        【第1期】生後12か月以上24か月未満の人

        【第2期】小学校就学前の1年間にある人

  • 接種歴が1回の人や罹患歴や接種歴が明らかでない人は、抗体検査をすることでご自身の抗体価を確認することもできます。

《参考》年代別接種状況 

昭和47年10月1日より前の生まれ:1回も接種していない

昭和47年10月1日から平成2年4月1日生まれまで:1回接種

平成2年4月2日以降の生まれ:2回接種

※基本的な接種状況のため、接種歴はご自身の母子健康手帳でご確認ください

関連情報

このページに関するお問い合わせ

健康課(保健センター)
電話番号:0561-72-0770 ファクス番号:0561-74-0244
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン