エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム暮らしの情報福祉・健康・医療保健・医療 › 麻しん(はしか)が流行しています


ここから本文です。

麻しん(はしか)が流行しています


ID番号 N23175  更新日 平成30年5月16日

麻しん(はしか)の流行について

麻しんについては、平成27年3月27日付けで世界保健機関西太平洋地域事務局により日本が麻しんの排除状態であると認定されましたが、その後も渡航歴のある人やその接触者からの麻しんの発生が散見されます。

平成30年3月20日、沖縄県内で麻しんの患者が発生し、愛知県内でも発症が確認されています。

麻しんは感染力が強く、免疫のない人が感染するとほぼ100%発症します。

海外旅行などに出かける場合、多数の患者が報告されている国や地域もありますのでご注意ください。

麻しんについて

麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症で、空気感染、飛沫感染、接触感染によりヒトからヒトに感染します。

感染すると、約10日から12日の潜伏期間の後、38度前後の発熱が2日から4日間続き、咳や鼻水といった風邪のような症状が出ます。その後、少し体温が下がり、再び高熱(多くは39度以上)が出るとともに、発疹が出現します。発疹出現後3日から4日間で解熱し症状は軽快、合併症のない限り7日から10日後には症状が回復します。

麻しんを疑う症状がある場合の留意事項

症状から「麻しん」が疑われる場合は、必ずマスクを着用し、必ず受診前に医療機関に連絡し、麻しんを疑う旨を伝えた後、医療機関の指示に従い速やかに受診してください。

また、受診の際は周囲に感染を拡げないよう公共交通機関の利用は避けてください。

麻しんの予防について

予防するためには、予防接種が有効です。予防接種歴を確認し、接種していない場合や接種歴が不明な場合は、予防接種を検討しましょう。

  • 以下の人は予防接種法に基づく定期予防接種対象者です。早めに予防接種を受けましょう。(無料)

        【第1期】生後12か月以上24か月未満の人

        【第2期】小学校就学前の1年間にある人

  • 以下の人についてもご自身を守るために予防接種をご検討ください。(有料)

        予防接種歴や麻しん罹患歴が明らかでない人

なお、1回のみの接種では免疫を十分得られない場合があります。接種歴が1回の人や罹患歴や接種歴が明らかでない人は抗体検査をすることでご自身の抗体価を確認することもできます。

《参考》年代別接種状況 

昭和47年10月1日より前の生まれ:1回も接種していない

昭和47年10月1日から平成2年4月1日生まれまで:1回接種

平成2年4月2日以降の生まれ:2回接種

※基本的な接種状況のため、接種歴はご自身の母子健康手帳でご確認ください

関連情報

このページに関するお問い合わせ

健康課(保健センター)
電話番号:0561-72-0770 ファクス番号:0561-74-0244
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン