エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム暮らしの情報福祉・健康・医療保健・医療 › 「ジカ熱」について


ここから本文です。

「ジカ熱」について


ID番号 N19520  更新日 平成28年3月28日

中南米を中心に「ジカ熱」が流行しています。

中南米(ブラジルなど)を中心に、ジカウイルス感染症(ジカ熱)が流行しています。ジカ熱は、蚊を媒介にして感染します。また、ジカ熱は感染しても症状がないか、症状が軽いため感染していても気づきにくいこともあります。

海外の流行地において、蚊に刺されてから数日後に、軽度の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、結膜炎、倦怠感などの症状が見られた場合は、医療機関を受診してください。

【予防対策】海外の流行地へ出かける際は、できるだけ肌を露出せず、虫除け剤を使用するなど蚊に刺されないように注意してください。

【相談先】帰国後、心配なことがある方は、瀬戸保健所(連絡先:0561-82-2197)へご相談ください。

関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでないかたは、アドビシステムズ社ホームページからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

健康課(保健センター)
電話番号:0561-72-0770 ファクス番号:0561-74-0244
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン