エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム暮らしの情報福祉・健康・医療保健・医療 › 不育症について


ここから本文です。

不育症について


ID番号 N11544  更新日 平成25年3月6日

不育症とは

不育症とは厚生労働省の研究班の調査によりますと、妊娠はするけれども、流産、死産や新生児死亡などを繰り返して結果的に子供を持てない場合を呼びます。一般的には2回連続した流産・死産があれば不育症と診断し、原因を探索します。また1人目が正常に分娩しても、2人目、3人目が続けて流産や死産になった際、続発性不育症として検査をし、治療を行なう場合があります。
不育症については認知度が低く、また専門としている病院や産婦人科医も少ない状況です。原因にもよりますが、専門医療機関での検査と適切な治療を受けることにより最終的には8割以上の方が出産することができると言われています。不育症については、専門機関へご相談ください。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

健康課保健企画係(保健センター)
電話番号:0561-72-0770 ファクス番号:0561-74-0244
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン