エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : ホーム行事・イベント一覧広域情報 › ふるさと納税について


ここから本文です。

ふるさと納税について


ID番号 N6687  更新日 平成30年4月24日

多く寄せられるQ&Aをまとめました

お問い合わせの多いものをまとめました。
Q1.日進市民でも日進市にふるさと納税できますか?
A1.もちろん出来ます。ただし、総務省通知により市民の方への返礼品送付は、平成29年11月末までにお申込いただいた方をもって終了とさせていただきます。

関連情報リンク先

 関連情報リンク先(総務省ホームページ・ふるさとチョイス・ふるさと納税申出書)はこちら

平成28年12月9日追加_30,000円寄附 日進市史セットを返礼品に追加しました

日進市史カタログ

日進市史「自然編」「民俗編」セットを返礼品に追加しました。
30,000円以上の寄附で返礼品として送付させていただきます。
日進市史を通して日進市についてぜひ知ってください。

 ふるさとチョイスでの申込ページはこちら
 

寄附の方法は

申出の方法

◎インターネット専用サイトへの入力による方法

 以下のインターネットサイトからお申込みいただけます。

 (クレジットカードがご利用いただけます。その場合、申出から納付まで一度に行うことができます。)

  ふるさとチョイス  http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/23230 

◎「日進市ふるさと納税申出書」による方法

 必要事項を記入いただき、以下の方法により財政課へお申し出ください。

  1. 電子メール
  2. ファクス
  3. 郵送
  4. 市役所窓口へ持参

470-0192
愛知県日進市蟹甲町池下268番地 日進市役所総務部財政課
電話番号:   0561-73-3205
ファクス番号:     0561-73-6845
メールアドレス: zaisei@city.nisshin.lg.jp
 

ふるさと納税申出書

 下記関連情報にあります申出書をダウンロードして、ご利用ください。

納付の方法

金融機関窓口

  市が申出書を受け取りましたら、市から次の金融機関の店舗でお納いただける納付書を送付します。その納付書で金融機関窓口にてお納いただく方法です。

  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 十六銀行
  • 三重銀行
  • 大垣共立銀行 
  • 愛知銀行
  • 名古屋銀行
  • 中京銀行
  • 愛知信用金庫
  • 瀬戸信用金庫
  • 豊田信用金庫
  • 碧海信用金庫
  • あいち尾東農業協同組合

現金書留

  申出書と現金を同封して、郵便書留で送っていただく方法です。

市役所窓口

  申出書と寄附金を、市役所の窓口で納めていただく方法です。
 

ふるさと納税のお願い

日進市は、名古屋市に隣接した住宅地を中心とした市であり、まだまだ自然の里山や田んぼが残された風景を持っています。そんな残された自然を守りつつ、進取の精神にあふれ、力強い新しい日進市の発展に積極的に取り組みます。日進市の施策に共感いただける方々、かつて日進に住まわれていた方々、学生時代に日進ですごされた方々、日進を応援していただける皆様の「日進市ふるさと納税」のご協力をお待ちしております。

日進市ふるさと納税とは

「ふるさと納税」とは、ふるさとへの「寄附金」です。日進市を応援したいという思いを実現するため地方公共団体に寄附をした場合に、寄附をした金額に応じて個人住民税と所得税が軽減される仕組みです。

※平成27年4月1日以後に行ったふるさと納税にかかる税額控除について、特例制度が創設されました。詳しくは下記の「税控除の方法」欄をご確認ください。

ふるさと納税手続きの流れ

寄附金使途は

皆様からお寄せ頂いた寄附金は、以下のような日進市の施策に活用させていただきます。

  1. 子育て・健康長寿を支えるまちづくりの推進
  2. 安全・安心で、自然と共生した暮らしの実現 
  3. 快適で利便性の高い持続可能な都市づくりの推進
  4. 暮らしを支える産業の振興
  5. 次代を担う人を育み、生涯学び続けられる環境づくりの推進 
  6. 市民自治力と行政経営力の向上
  7. 市東部の丘陵地における緑豊かな自然環境の保全の推進(東部丘陵保全基金に積立)
     

税控除の方法

寄附を戴きました皆様には、税控除に必要な受納証明書を送付させていただきます。
受納証明書をもとに確定申告にて寄附金控除の手続きをしてください。

ワンストップ特例制度が創設されました。

平成27年4月1日以後に行ったふるさと納税について、確定申告の不要な給与所得者等、一定要件に該当する方は、ふるさと納税先の自治体に申告特例申請書を提出することで、所得税及び復興特別所得税の確定申告書を提出することなく、ふるさと納税による控除を受けることができる制度が創設されました。
この場合、所得税及び復興特別所得税からの控除は行われず、その控除分に相当する額を含めて、ふるさと納税を行った翌年度の個人住民税から控除が行われます。

ただし、次のいずれかに該当する場合は、ワンストップ特例制度の適用を受けることができませんので、ふるさと納税による控除について申告が必要です。

・所得税及び復興特別所得税の確定申告書(個人住民税の申告書)の提出を要する方
・所得税及び復興特別所得税の確定申告書(個人住民税の申告書)を提出した方(給与所得者が医療費控除の適用を受ける場合など)
・申告特例申請書を提出した都道府県・市区町村の数が5を超える方
・申告特例申請書又は申告特例申請事項変更届出書に記載した市区町村と寄附した年の翌年の1月1日にお住まいの市区町村が異なる方

ワンストップ

振り込め詐欺にご注意ください

『ふるさと納税』は、寄附を強要するものではございません。
『ふるさと納税』をかたった寄附の強要や詐欺行為には十分にご注意ください。
日進市から現金自動預払機(ATM)による振込をお願いすることは一切ございません。 

関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでないかたは、アドビシステムズ社ホームページからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

財政課
電話番号:0561-73-3205 ファクス番号:0561-73-6845
ご意見・お問い合わせ専用フォーム


このページのトップへ戻る

表示 PC スマートフォン